2009年11月28日

2.構造からみたザックの種類

2.構造からみたザックの種類

■パネルローディング式ザック

 パネルを開けて荷物を積み込むタイプのザックです。比較的容量の小さいタイプに採用され、口が大きいので荷物の出し入れがしやすいのが特長ですが、雨の時に浸水しやすくなります。ファスナーがひとりでに開いてしまうこともあります。

■トップローディング式ザック

 上部の雨ふたのあるタイプです。出し入れ口を巾着のように絞りその上を全面に雨ぶたで覆うことができるので、雨が浸入しにくいです。大型ザックの大半は、このタイプです。


■二気室ザック

 2つに分離してて入れる場所が2つになっています。整理整頓しやすくパッキングら楽です。ですから初心者には、おすすめなのですが、反面、重量がかさばり、耐久性に劣り、値段もはねあがります。山を延々と歩かれる方には、向いていませんが、写真やスケッチなど、道具の出し入れの多い三項演算子する人には、とりだしやすい二気室ザックは、たいへん便利です。

posted by マネージャー at 14:34| 道具・ザック(リュックサック) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

1.小荷物だけの場合

ザックの種類

1.小荷物だけの場合

■風呂敷

 かって風呂敷は、軽いハイキングに大変重宝しました。使い方としては、おにぎりと水を細長く包み、腰に巻いて歩きます。新潟では、おにぎりでなく笹団子を風呂敷に細長く巻いて腰や肩にぶらさげて歩きました。昔は、水は山の湧き水で補給したものですが、今は、便利なミニペットボトルがあります。

 風呂敷の良いところは、弁当を食べるときに、お尻に敷けることと、弁当を食べ終わった後は、折りたたんでポケットにしまえるところです。ですから2〜3時間のハイキング(あるいは散歩)にもってこいです。なにしろ荷物になりませんから、こんな便利なものはありません。そのくせ怪我したときに大活躍するのも風呂敷だったりします。

■ウエストバック

 ウエストバックも、2〜3時間のハイキング(あるいは散歩)に大変に重宝します。ただし、風呂敷とちがって、弁当はしまえないので、風呂敷とセットで持っていくとよいでしょう。コツとして、大きなウエストバックは、使用しないことです。中に入れるものも、メモ帳や財布やデジカメなどの小間物に限定したほうが良いでしょう。

■ヒップバック

 ヒップバックは、ウエストバックよりも大きなものを入れられます。但し、思いものになるとダメなので、その場合はあきらめてデーバックを採用した方が良いかもしれません。ただし、ヒップバックには、デーバックにないメリットがあります。上半身が身軽になることです。尾瀬などの湿原の木道を軽く歩く場合は、このヒップバックが便利だったりします。あちこちに山小屋があり、なんでも買えるような場所であれば、重い食料や水を担いで移動するより、軽装で木道を散歩するほうが楽しいものです。そういう場合は、地図とデジカメとメモ帳と図鑑と財布だけをヒップバックに入れて、ゆっくり散歩を楽しむのもいいものです。

■ワンショルダーバック

 ウエストバックも、ヒップバックも、小さすぎるという人には、ワンショルダーバックが良いかもしれません。忍者の刀のように、斜めに背負う肩掛けカバンのことです。このワンショルダーバック、意外に身体のピッタリとなじみ、肩に負担がかかりません。それにワンショルダーであるために肩にかけたまま、反対側の手でファスナーを開閉できるために、緊急時に重宝します。動物や野鳥を追いかけている時は、デーバックよりも、ワンショルダーバックの方が、圧倒的に便利です。

 デーバックの場合は、いざという時に、背負っているカバンをいったん前におろして中から物を取り出さなければなりませんが、ワンショルダーバックの場合は、背負ったままものを取り出せたりしますから本当に便利です。しかも、ファスナーが斜めに大きいために、荷物がとりだしやすく、大きな地図も入れやすくなっています。

■デーバック

 デーバックとは、日帰り登山用の小さなソフトザックのことを言います。最近では、百円ショップでも五百円くらいで売られるようになりましたので、どこでも簡単に手に入れられます。2〜3時間のハイキング(あるいは散歩)なら、それでも充分かもしれません。ただ、本格的な日帰り登山に行くのであれば、高い値段であっても登山ショップで買った方が無難です。登山ショップで売られているデーバックには、撥水加工がされていますし、楽に担げるような工夫がされています。ようは、金で楽な登山が買えるわけですから、買っておいた方が、お得です。ザックの性能は、年々進化しています。30年前のザックなんて担げたものではありません。最新型の性能の良いザックを手に入れるにこしたことはないのです。

 さて、デーバックを選ぶコツですが、どんな登山かによって選び方が違ってきますので、その違いについては後日、詳細を述べたいと思います。
posted by マネージャー at 20:55| Comment(8) | TrackBack(0) | 道具・ザック(リュックサック) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

ザックの種類

ザックの種類というか、山に持っていくバックとして大雑把に分けると下記の分類になると思います。

1.小荷物だけの場合
■風呂敷
■ウエストバック
■ワンショルダーバック
■ヒップバック
■デーバック

2.構造からみたザックの種類
■パネルローディング式ザック
■トップローディング式ザック
■二気室ザック

3.容積からみたザックの種類
■日帰ザック
■小屋泊用ザック
■テント泊用ザック

4.用途からみたザックの種類
■アタックザック
■サブザック
■縦走ザック
■キスリング
■探検用ザック
■沢用ザック
■岩用ザック
■雨天用ザック

5.フレームを使用した特殊ザック
■フレームザック
■カメラバック(各種)
■背負子

 たくさんあって何だか分からなくなると思いますが、ここでは、斜め読みにしてください。読んだ内容を忘れてしまっても何ら問題はありません。たとえ忘れたとしても、登山ショップに行って、実際にザックを手に取ってみると、忘れたはずの内容を思い出してくるものです。では、個々の解説にうしってみましょう。

つづく
posted by マネージャー at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・ザック(リュックサック) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。